読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy Living Lab.のヘルシーな日記

女性の健康とキャリアを支援するJoy Living Lab.のブログです

解剖学的知識と文学的表現のあいだに、こころとからだのつなぎ目がある。なんちって

こんにちは、石井です。

 

昨日のはなしの続きです。

 

 

タイトルはちょっと大仰な感じで書いちゃったのですが。^^

 

昨日のワークショップで、「胸腔(きょうくう)」て言葉を習ったんですよ。

 

「腹腔(ふくくう)」って言葉は、たとえば「腹腔鏡手術」とか聞いたことがあり、知ってましたが、その上に「胸腔」があるんだなあ、て初めて知りました。

 

それはつまり文字のとおり「胸のスペース」なんですね。

 

私たちは意識せずとも、筋肉を使って関節を動かしたりして、胸のスペースを広げたり縮めたりすることで、肺を動かし、呼吸しているんですねえ。

 

f:id:joylivinglab:20170222175743j:plain

それで、昨日のワークショップで詳しく詳しく胸のスペースの仕組みと広げ方を教わり、実践して体感する、を繰り返すうちに、「ああ、こうしたら気持ち良く胸のスペースを広げられるんだな」と自然な呼吸の仕方が染み込んできました。

 

そしたら、胸のスペースを広く使えている≒気持ちに余裕がある、なんじゃないかな〜と感じられてきたんです。

 

で、大仰なタイトルにつながるのですが、つまり。

 

<解剖学的な状態としては>

・ネガティブなとき:

 前屈がちになって背中が丸まったり、呼吸が浅くなり、使える胸のスペースがせばまる・硬くなる、など

 

・ポジティブなとき:

 胸を張って、呼吸を深くしており、胸のスペースも広く使えている、など

 

<文学的な慣用表現では>

・ネガティブなとき:

 息がつまる、息苦しい、胸が塞がるおもい、むねがつぶれる、など

 

・ポジティブなとき:

 胸のすく思いがする、深呼吸できる、こころが広い、など

 

 といったかんじで、めちゃ対応しているなあと感じたんです。

 

f:id:joylivinglab:20170222175856j:plain

 

 

だからこそ逆に身体からのアプローチで、感情も変えていけるのかも、ということが

体感とともに納得できた、深い学びのある日でした。

 

この「胸腔」の使い方ワークショップ、息・声に関するお仕事の方(演劇や歌など)にもすごくよさそうだなと思います。

 

とりあえずそんなかんじ。 

 

 石井

 

 

<フランクリンメソッドワークショップby たねちゃん の日程> 

◆3/7(火) フランクリンメソッド in 宇都宮!! 【第2回:骨盤~健やかな体の中心~】

@みなみの健康館

 

◆3/21(火) フランクリンメソッド in 宇都宮!! 【第3回:自由で気持ちのいい背骨】@みなみのけんこう館

 

◆4/5(水) フランクリンメソッド in 宇都宮!! 【第4回:ハッピーフィート!】@みなみのけんこう館

 

◆4/18(火) フランクリンメソッド in 宇都宮!! 【第5回:楽~で軽~い肩♪】@みなみのけんこう館

 

----

その他の直近のイベントなどはこちら!

直近のセミナーなど予定です - Joy Living Lab.のヘルシーな日記

 

Joy Living Lab. 石井 

http://lab.joyliving.org/