Joy Living Lab.のヘルシーな日記

女性の健康とキャリアを支援するJoy Living Lab.のブログです

K J法 の「花火」技法で2019年を描いてみる会 開催しました!

 

こんにちは、Joy Living Lab.の石井です。

 

先日、東京都は品川区にて、朝から午後までのワークショップを開催しました。

 

f:id:joylivinglab:20190208103725j:image

 

 

講師の宗形 憲樹 さんは日立市からお越し下さり、素晴らしいレクチャー、ファシリテーションをしてくださいました。

 

宗形さんのブログはこちら

http://munaken.hatenablog.jp

 

 

前半は皆で「どんな目標を立てれば、毎日をワクワクと過ごせ、結果的に実り多い一年になるか?」をテーマに図解を作成しました。

 

f:id:joylivinglab:20190208103744j:image

 

後半はひとりひとりが、2019年を描いてみる時間。

 

f:id:joylivinglab:20190208103803j:image

 

午前に「どんな目標がいいのかな?」についてじっくり考えたうえで、習いたてのKJ法の花火技法で描くことにチャレンジしました。

 

 

講師の宗形さんに随時質問したりアドバイスを受けながら進めて、さいごに1人ずつできた図解をシェアし、感想を話しました。

f:id:joylivinglab:20190208103827j:image

共同で主催してくださったつかさっちん

つかさっちんのブログはこちら

https://micandescitrus.hatenablog.com

 

 

会の後も話はつきず、、
近くのカフェでの懇親会でも、質問させてもらったり、さらに図解を深めたりと、とても充実した時間となりました。

 

f:id:joylivinglab:20190208103905j:image

 

ただの分類やあてはめではなく発想法であること。


お互いを尊重してひとりひとりに選ぶ権利が守られていること。

 

こういったことを体験して、

ふだんのグループマッピングではいかに主張しなくちゃと身構えてたのかにも気づかされました。

 

 

もうちょっと感想は後ほど書きたいと思います。

 


まずは報告まで^^

 

 

講師の宗形さん、ご参加のみなさま、本当にありがとうございました😊

 

 

そんな感じです。

 

 

Joy Living Lab. 石井

日常をとめて展望の時間をとる 〜2019年を展望するコラージュの会 vol.2開きました

こんにちは、Joy Living Lab.石井です。

 

 

ありがたくも追加開催のリクエストいただいて、昨年末に続いてコラージュの会を開きました。告知ページはこちら(Facebook)。

f:id:joylivinglab:20190118184020j:image

 

みなさん、仕事の都合をがっつりつけて、あるいは半休をとって、あるいは乳幼児2人の体調や機嫌と相談してエイっと、時間を作って集まってくださいました。

 

 

そのような「特別な時間」に期待してくださっていることをひしひしと感じます。

日々忙しくて自分の気持ちは流れていくけれど、こうして強引にでも?!時間をとって、自分を省みる時間をとるのってあとあとまで力になるよなあっと経験から思います。

 

f:id:joylivinglab:20190118184045j:image

(今日のプログラム)

 

まず一人一人自己紹介。この会にどんな希望を持っているかを聞いたら、みなさん「どんなに参加したかったか!」を語ってくださり。

今日このメンバーで取り組めることの奇跡とありがたさに感激して始まりました。

 

続いて二人組で、「言葉で」2019年をどんな年にしたいか?を語っていただきました。

 

f:id:joylivinglab:20190118184109j:image

 

その、「二人組で言語化した2019年」を念頭におきながら、こんどは様々なビジュアルイメージを手にとって、ピンとくるイメージを集めていきます。

雑誌をどんどん開いていきます。

 

f:id:joylivinglab:20190118184123j:image

 

それをチョキチョキ切って、ペタペタ貼って

それぞれに素晴らしい、オリジナルな作品が出来上がりました!

 

f:id:joylivinglab:20190118184020j:image

 

作品に込めたおもいをお互いにシェアして、讃えあい、応援しあって、温かく場が締めくくられました。

今のありのままの自分が出てきた方、思っていなかったイメージが現れたかた、などそれぞれにオリジナルの表現が出ていて、そのままのお一人お一人が、いいなあ!と感じられる作品たちでした。

 

 

 

私は年末に作ったコラージュが、仕事、研究、趣味、家族など人生の全般を盛り込んでいたので、今回は、中でも研究活動のイメージを広げるコラージュを作ってみました。

f:id:joylivinglab:20190118183859j:image

 

前回のコラージュでは、そのパートに対するおそれや構えが前面にでていたので、もっと明るい雰囲気で発想して作ってみました。

 

自分なりに、地道に、勇敢に、渋く、時にきらびやかに、支援を得て、春を目指して進めていく、といったイメージを込めることができましたよ。

 

 

何を望んでいるのか?をじっくりと広げて、それを形にして、目に見えるところに置いておく、というやり方、とても有効だなと思っています。

一人一人が人生にJoyを増やしていけるように・・と願っているキャリアカウンセラーとしては、コラージュは気軽で誰でも楽しく取り組みやすいので、おすすめです。

↑そのような意図を込めて作るのもポイントかもしれません。

 

 

みんなの「2019年こうありたい」を聞くと、「その後どうなったの!?」と答え合わせ?!がしたくなりますね。

 

 

また折を見て開催したいと思います。

開催リクエストもお待ちしています^^

 

 

そんな感じです。

 

Joy Living Lab.石井

 

Joyを広げ、こうありたいを実現するキャリアカウンセリング実施中

lab.joyliving.org

 

ひとに頼るからこその自立 ー映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』観ました

こんにちは、Joy Living Lab.石井です。

 

珍しく、ヒカリ座ではない映画館の映画の話。

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

観ました。

f:id:joylivinglab:20190110223533p:plain

 

bananakayo.jp

 

 

この原作を15年前くらいに読んでいて、非常に感銘を受けたのでした。

原作はこちら。

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)

 

 

映画、すごくよかったです。

大泉洋さんすごいなー。

わがままで憎めない鹿野さん(役柄名)の、時折みせる人格者ぶりに感動。

高畑充希さんの、「なんでこんな人のためにただ働きしなきゃいけないの?」ていうはじめの感じ(役柄)もリアルでよかった。

 

 

原作を読んでいた当時、まだ親元から大学に通って過ごしていた私は、「自立ってなんだろう?」といったことを考えていました。

就職して自分でお金を稼げるようになって、世の中に貢献して、ひとに迷惑をかけずに生きていくこと?と。

 

 

この映画の主人公である鹿野さんも含め、日常生活すらも命の危険があるような障害や病気を抱えた人たちの中に、病院や実家ではなくて地域で生活しようという「自立生活」を追求した人々がいて、その生き様に、人間が生きることへの希望を感じます。

 

 

当時私が衝撃を受けた、「自立生活」をしている方による「自立」の説明にこういうのがありました。(どこに書いてあったものかも内容もうろ覚えですが。。)

麻痺があって自分で着替えられなくて、ひとに迷惑をかけず、出かけずにいる人よりも、ひとにボタンをとめてもらって服を着替えて、ひとが押す車椅子に乗って出かける人の方が、自立している。

 

 

映画の中で鹿野さんも

人間なんてさあ、自分でできることはほんのちょっとしかないんだから

的なことを言ってました。(うろ覚え)

お前はなんでもできるふりしすぎなんだよ

 とも。(うろ覚え)

 

 

別に障害がなくたって、たくさんひとに頼って生きた方が豊かだよねえ、と。

みんながそんな風に、苦手なことを表明し合って、頼って、補い合って暮らしていけたらなあ、と、ピュアに夢見ていたことを思い出しました。

 

 

そうそう、愛情を注ぎすぎてしまう親とか、安全第一のあまり自由≒生きる意味がなくなる病院施設への反発も描かれていました。

頼り方も、相手を間違えるとがんじがらめになってしまうのですよね。

保護と尊重の違いというのか、、。

 

 

自分の欲求に正直に、ひとに頼る。

そういう生き様をいまになっても私たちに示してくれるこの鹿野さんっていうひとの大きさをおもいます。

 

 

15年前にヒットしたノンフィクション作品が、なぜ今になって映画化?と不思議に思っていましたが、いい大人になった今の私だから感じられることも多々あり。名作への再会に感謝です。

 

 

ヒューマンドラマとして、エンタメとしても質が高い作品で、要所要所でハンカチ必須。おススメ!

 

そんな感じです。

 

Joy Living Lab.石井

 

今年の漢字「論」つづき

こんにちは。Joy Living Lab.石井です。

 

先日書いた、「今年の一字」の続き。

 

前回内容はこちら↓

blog.joyliving.org

 

「論」について調べると

 

学研 漢字源 新版 より

・筋道を立てて述べること。「議論・理論・論証」

・言い争うこと。あげつらうこと。

・意見。見解。

など

 

 

 

岩波書店 広辞苑 第五版 より

・すじみちをきちんと整理して説く。ことわけて話す。「評論」「討論」

・すじを整理して罪を決める。「論罪」

・理屈をたてた話。また、道理を述べて意見を主張する文章。「世論」「理論」

など

 

 

とありました。

続きを読む

今年の漢字一字2019

こんにちは、Joy Living Lab.の石井です。

 

毎年恒例、今年の漢字1字を決めたので置いておきます。

 

ちなみに昨年は「適」だったようです

うん、わりとこころおもむくまま、もろもろ落ち着いて取り組めたかなと。

 

 

さて私の今年の一字は、こちら!

 

f:id:joylivinglab:20190107112043j:image

 

何年ぶりかわからない書き初めでかいてみました。

 

「論」

 

論文書くぞ!

が、まずあるのですが。

 

ここにこじつけた込めた思いはまたあらためて。

(ひっぱるんかい)

 

ひとまずそんなかんじです。

 

Joy Living Lab.石井

 

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます㊗️

 

実は帰省から戻ったら発熱してしまい、ようやく回復してきました。


みなさんどんな年末年始を過ごされたでしょうか?

 

 

ノートに、思うことをなんでも書きつけるというのを3年くらいかな?続けています。

f:id:joylivinglab:20190106171041j:image


そのノートを年末にちょうど使い切ったため、新年に新しいノートをおろしました^_^

 

これは北海道のアイヌのひとたちの文様があしらわれたノートで、お気に入りです。

続きを読む

年末のご挨拶

 

本年もたくさんの方にお世話になりました。
どうもありがとうございました。

f:id:joylivinglab:20181230105644j:image

 

今年は宇都宮に移って2年が過ぎ、研究活動が一歩進み、キャリアカウンセリングやワークショップも落ち着いて取り組めた一年となりました。

 

 

みなさんはどんな一年だったでしょうか?

 

 

年末年始は一年を振り返る、これからのキャリアー人生について考えがちなときかもしれません。

 


キャリアカウンセリングは、土日や夜のなどの時間も承っていますので、よりしっかり自分のおもいに向き合いたい方はぜひご利用ください。

 

年始は1/4より営業します。

 

みなさまどうぞよい年をお迎えください❤️

 

Joy Living Lab. 石井

http://lab.joyliving.org