Joy Living Lab.のヘルシーな日記

女性の健康とキャリアを支援するJoy Living Lab.のブログです

キャリアの「窓」を小さく開けよう

こんにちは。Joy Living Lab.の石井です。

 

タイトルは、ふと思いついた言葉なのですが。

 

昨日告知しました限定無料カウンセリングに早速お申し込みをいただき

お話を伺っていて思ったことです。

いや以前から度々感じることでした。

 

f:id:joylivinglab:20201031215706j:image

(大好きなコスモス畑♪)

 

やっぱり、キャリアに関するご相談にいらっしゃる方は、

「このままでいいのか」「今がしんどい」など

なんらか閉塞感を感じていらっしゃることが多いわけです。

 

 

誰でもそうなんですけれど(私も)

何かに悩んだり、焦ったりしている時って

どうしても視野が狭くなってしまって。

偏った価値観でがんじがらめに自分をしてしまったり。

こうでなきゃいけない、とかね。

 

自分の中でぐるぐると同じところで悩み続けてしまったり、します。

 

特に、周りの人間関係が限られていて、固定化しているとそうなりやすいです。

他の視点をくれる人や状況がないから。

 

 

そんな閉ざされた息苦しい環境に、穴を開け、

窓を開けられるといいなあ、と思います。

 

 

それは、カウンセリングかもしれないし。

趣味・芸術の活動や、自然とのふれあいかもしれない。

仕事や家庭といった固定的な関係とは異なる繋がり、コミュニティかも。

 

ふっと、息をついて、視線を上げられるような時間や環境を。

どんよりと締め切った部屋に、が開いて

爽やかな風が、空気が入ってくるような

 

思うに、いつも若々しく生き生きとしている人は、

こういった何かしらを日常に継続的に

取り入れているのではないかな?と見ていて感じています。

 

それと、待っていても誰かが親切に窓を開けてくれることは稀で。

自分で開けないといけないんですよね。よっこらしょ、て。

それには、労力や時間や、お金がかかったりもするかもしれない。

でも自分の気持ちの良い空気を巡らせるために必要な手間暇お金を

きちんとかけられるようになると、広がってくるものだなあ、と。

 

 

私も、ちょいちょいそういう場や時間を取り入れるようにしていますし、

私の提供する場や時間が、誰かの「」になれたらなと願っています。

 

 

 

ちょっと詩的になっちゃった!ポッ

ほんで色も多用してしまった!

 

唐突に・・

そんな感じです。

 

 

Joy Living Lab.石井

 

 

現在、連続キャリアセミナー開催・募集中!

blog.joyliving.org

 

 

facebookページ 

https://www.facebook.com/joyliving.lab/


ブログ  

Joy Living Lab.のヘルシーな日記


webページ  

Joy living lab.